Patagonia Films Presents【ロットプンクト フィルムツアー in MOOSE】

2019/11/15


 

『Rotpunkt(ロットプンクト)』が記録するのは、形式の限界を再定義しようとするアレックス・メゴスの努力を通じたレッドポイントの降臨、苦悶、そして芸術。

 

本映画では、ロッククライミングを技術的な課題から、精神的および肉体的な力の輝かしい試練に変えたレッドポイントをテーマに、バイエルンの田舎でボロタイツ姿のクライマーたちが開拓した起源から、ヴォルフガング・ギュリッヒが活躍した黄金時代、そしてドイツの神童メゴスの、人間の可能性の新しいレベルを解き放つための格闘におけるその新たな理想までを追う。

 

 

2013年、アレックスは若干19歳の時に5.14d(9a)を世界で初めてオンサイトするという偉業を達成した。

このクライミングにより、アレックスは世界トップレベルのクライマーとして広く知られる事となる。

 

だが、アレックスが異彩を放つ理由は、単に高グレードのルートを成功しているからだけではない。

まるでクライミングの難度など気にしていない「マシーン」かのように、休む事なく短期間で数多くの高難度ルートを登ってしまうのだ。

 

 

アレックスが人々を驚かせたクライミングの一つに、スイス最難関ルート10本をできる限り短い期間で完登するというチャレンジがある。

わずか6日間で、彼は最高難度5.14d(9a)のルート3本をはじめ、その他の7本の高難度ルートを完登してみせた。

しかも驚く事に、彼は1日の休息も取らずに、他のクライマーが制覇に何年もかかるこれらのルートを制覇してしまったのだ。

 

 

そして記憶に新しいアレックスの偉業が、2018年5月に初登した「ペルフェクト・ムンド」。

アレックスにとって”現時点で”初登した最高グレードとなる5.15c(9b+)のルート「ペルフェクト・ムンド」を、わずか15日間のトライで完登。

これはアレックスにとっては最も長い時間をかけたプロジェクトだったが、一つのルートに何年もの時間をかけるクライマーもいる事を考えると、途方もない偉業と言える。

果たして今後、彼はどこまで人間の限界を押し上げるのだろうか・・・。

 

アレックス・メゴスのストーリーについては、PatagoniaのHPからもご覧いただけます。

 

アレックス・メゴスは世界最高のクライマーになれるかもしれない……失敗する方法を学びさえすれば

 

 

これからの活躍からも目が離せない「アレックス・メゴス」を追った作品の上映会ツアーがいよいよ始まります。

ここ名古屋では、11月29日(金)にパタゴニア名古屋、そして12月6日(金)は当店にて上映される事となりました。

 

クライマーの皆さまはもちろん、クライミングに少しでも興味をお持ちの方は、是非お気軽にお越し下さい。

皆さまのご来場をお待ちしております。

 

 

■ 開催場所:OUTDOOR SPECIALITY MOOSE 植田本店

■日程:12/6(金)

■ 開場時間:19:00開場 / 19:30上映開始 

■ 定員:20名程度

■ 参加費:無料

■ お問い合わせ先:(TEL) 052-848-2780 / (mail) mail@moose.co.jp