【Talking About American Local Race Vol.2】〜Silverton Ultra Marathon 報告会〜

2019/08/17


 

今年2月に開催されたスタッフ鈴木によるアメリカのローカルレース報告会から早半年。

 

と言うかまだ半年しか経っていないのに、まさかの第2回を開催する運びとなりました。

(海外レースに出場する目的の長期休暇は年に一回の約束だったはずなのにおかしいな・・・)

 

本人たっての希望により開催される今回の報告会ですが、アメリカをはじめ海外のレースに出場したいとお考えの方には、準備や心構えなど役立つ情報もあるはずです。

 

お暇がありましたら、どうぞ話を聞きにきてやって下さい!

 

と言う訳で、以下は本人による告知です!

 

 

『憧れの地で、何を見て、何を感じたのか』

 

2019年8月3日〜4日にかけて、アメリカ コロラド州 シルバートン にて行われたトレイルランニングレース 「Silverton Ultra Marathon」にスタッフ鈴木が参加してきました。

 

コロラド州南西部に位置し、ロッキー山脈に連なる、サン・ファン山脈に囲まれた人口500人程の山合いの小さな街、シルバートン。

 

アメリカ人ですら名前を知らない人も多い街ですが、トレイルランニングに携わる人達にとっては、全米で最もハードな100マイルレースの1つ「HARDROCK 100」が行われる街としてご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

UTMBにおけるシャモニーと同様に、ある種の憧れと共に語られる街、シルバートンをスタート/ゴールに行われたのが、今回スタッフ鈴木が参加したSilverton Ultra Marathon(以下SUM)です。

 

距離100km 獲得標高17,000ft(約5,100m) 平均標高11,000ft(約3,300m) 制限時間25時間 と、比較的走れるトレイルが多いと言われるアメリカのレースの中では珍しい、本格的なマウンテンレースです。

 

今年で第4回目を迎えるSUMですが、今回からはコース変更があり、最後の11マイルをHARDROCK 100と同じコースを辿ることとなりました。

 

これはHARDROCKファミリーでもあり、このレースのRDでもあるMeganの長年の悲願でもありました。

 

彼女が25年前、トレッキングで辿り感銘を受けたコース。それを実現するために、HARDROCKファミリーとして10年間ボランティアに従事し、7年間の交渉を経て、第4回目にしてようやく本来望んだコースでのSUMの開催となったのです。

 

その熱い想いが込められたコースを走ることになるのですが・・・。

 

高所でのレースによる身体への影響、急激な天候の変化、例年より多い残雪、増水した川の渡渉。

 

そして最後の11マイルで姿を現わす、HARDROCKの片鱗・・・。

 

日本が誇るポンコツランナーは、毎度毎度カットオフに追われながらも、文字通り泣きながら(笑)フィニッシュに辿り着くのですが、そのフィニッシュの先で見たもの、感じたものとは?

 

そして、自分達をファミリーと呼び、規模を追わないという選択をした、彼らのコミュニティを通して見えてくる、アメリカのトレイルランニングカルチャーとは?

 

前回同様、体当たりで様々なものを感じてきたスタッフ鈴木が、熱量高めで余す事なくお伝えします!!

 

スタッフ鈴木が自腹で購入した(笑)お土産も少しだけご用意しております!

 

お時間がある方は是非ご来場下さい!

 

よろしくお願いいたします!!

 

鈴木

 

【Talking About American Local Race Vol.2】〜Silverton Ultra Marathon 報告会〜

 

開催日:2019年8月24日(土)

時間:20時30分~22時頃まで

参加費:無料

定員:45名

お申込み方法:メール、電話、店頭、スタッフ鈴木に直接