The Dawn Wall 上映会

2018/10/20


 

 

クライミングの聖地、ヨセミテ・エルキャピタンにおいて、これまでフリー化されていなかったセクション「Dawn Wall(ドーンウォール)」。

 

フリー化が不可能と思われていたこのセクションに、可能性を見出し1本のフリークライミングのラインを引く。

 

美しくも困難な登攀が長年のチャレンジの末に成し遂げられた。

 

 

その完登までの壮絶なるドラマ、輝かしいクライミングの成果を捉えたドキュメンタリー映画の上映が、いよいよ日本国内でも始まりました。

 

 

今回、この素晴らしい作品の上映を、愛知県では当店が最初に開催させていただく事となりました。

 

単なるクライミングフィルムとしてだけでなく、人生を賭けたチャレンジを追ったヒューマンドキュメンタリーとしても、クライマーはもちろん、そうでない方にも是非ご覧いただきたい作品です。

 

 

2015年1月、トミー・コールドウェルとケヴィン・ジョーグソンによるヨセミテ・エルキャピタンの未フリー化セクション、ドーンウォールへのトライが世界から注目を集めました。

 

 

長年に及ぶチャレンジの末、19日間も垂直の壁の中で過ごしたこのクライミングは、世界中のメディアをくぎ付けにし、熱狂させたニュースとなりました。

 

 

ルートは、既存のエイドルートと新しく開拓したルートを繋ぎ、全長920m、全32ピッチ、最高グレード5.14dを含め14台が7ピッチ、13台が12ピッチという厳しい内容。

 

また、トミーにとってこの登攀は、単に世界最難のフリールートを開拓しただけではなく、さまざまな困難を克服することによる人生の輝かしい1ページとなったのです。

 

 

トミーが22歳の時、キルギスタンにおけるクライミングトリップ中に反政府主義者に誘拐されながらも奇跡的に生還。

 

その後、作業中に左手の人差し指を失いますが、諦めずにトレーニングを続け、クライミングの強化を成し遂げます。

 

また、クライミングパートナーでもあったベスとの離婚の悲しみをドーンウォールに打ち込むことで癒していきます。

 

憑りつかれたように献身的に、6年もの間、注意深く計画しトライを続けてきました。

 

ケヴィンというパートナーを得て世界中が見守る注目のトライで、トミーは難しい局面に立ち向かいます。

 

この壮大な夢を実現するために2人揃っての完登を諦めるのか?

 

友情のために成功を危険にさらすのか?

 

輝かしいクライミングの成果を捉えたドキュメンタリー映画です。

 

 

トミー・コールドウェル(Tommy Caldwell)

 

山岳ガイドである父の影響もあり、幼少期からクライミングを始める。

その才能と情熱を手に10代にてクライミングコンペで優勝するなどトップクライマーとして活躍。

しかし、その後に多くの困難に直面する。

2000年にはキルギスタンへの遠征で反政府軍に誘拐され奇跡的にも生還を果たす。

帰国直後には大工仕事で左手人差し指の第二関節から先を失う。

また、多くのクライミングを共にしたクライミングパートナーでもあるベスとの離婚を経験。

これらの多くの困難を乗り越え、トレーニングの末に再びトップクライマーとして返り咲く。

コロラド州エステスパーク在住。

 

ケヴィン・ジョーグソン(Kevin Jorgeson)

 

少年時代からクライミングを開始し、ユース全米選手権で優勝。

ボルダリングに傾倒すると、多くの難課題を登攀する。

クライミングの幅を広げようと考えている時に、トミーのドーン・ウォールプロジェクトを知り、参加したいと連絡。

その後意気投合し、ビッグウォールクライミングの技術を取得しながらプロジェクトに打ち込んでいく。

 

 

【 The Dawn Wall 上映会】

■ 開会日時:2018年11月4日(日)20時~21時半(開場19時半)

■ 場所:Outdoor Speciality MOOSE(名古屋市天白区元植田2丁目1904番地)

■ 定員:先着40名

■ 参加費:2,000円

■ チケット購入方法:MOOSE Web Shop、もしくは店頭にて前売り券をご購入下さい。

■ MOOSE Web Shop 前売り券ご購入ページ( https://moose.co.jp/products/detail/1635