Talking About Japanese Long Distance Hiking by ​根津 貴央 ​

2018/08/30


 
 
活動の中心となるロングディスタンスのハイキングだけに止まらず、トレイルランニング、ファストパッキング、パックラフトなど、幅広い活動をされているライターの根津貴央さん(TRAILS)をゲストに迎え、「日本のフィールドで、日本ならではのロングハイキングを如何に楽しむか」をテーマとしたスピーカーイベント「Talking About Japanese Long Distance Hiking」を開催します!
 
 
これまで、アメリカのロングトレイル「Pacific Crest Trail(PCT/総延長4,265㎞)」を始め、国内外で数々のロングハイキングを行ってきた根津さん。
 
2014年からは「Great Himalaya Trail(GHT/総延長1,700㎞)」を自ら歩いて踏査するプロジェクトを仲間と立ち上げ、毎年ヒマラヤの地にも足を運んでいます。
 
 
そんな根津さんが感じている日本のロングハイキング文化についてや、色々な面で海外のロングトレイルとは環境が異なる日本のフィールドで、日本らしいロングハイキングの楽しみ方について、海外のロングハイキングを紹介しつつ、じっくり掘り下げてお話しいただこうと思います。
 
大自然や絶景を楽しみながら山頂を目指すトレッキングとはまた違った、ロングハイキングの魅力を知る機会になるはずです。
 
どうぞお楽しみに。
 
 
 
~ Talking About Japanese Long Distance Hiking ~
 
■ 開催日時:2018年9月8日(土)19時〜21時
■ 場所:Outdoor Speciality MOOSE 植田本店
■ 参加費:無料
■ 定員:20名程度
■ 申し込み方法:店頭、電話、メールにて
■ 電話:052-848-2780
■ メール:mail@moose.co.jp
  
 
Guest Speaker
 
 
根津 貴央(Takahisa Nezu)
 
栃木県宇都宮市生まれ。
 
静岡県の大学を卒業後、広告業界で約12年間コピーライター職に従事。
 
会社員時代には転勤で名古屋にも1年半ほど住んでいた事があり、東海自然歩道や各務原アルプス、猿投山などで登山を楽しんでいた。2012年、ハイキングの魅力を伝え、山遊びの裾野を広げるべくライターとして独立する。
 
同年、渡米してアメリカの三大ロングトレイルのひとつ『パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)』を約5カ月間歩く。
 
2014年からは『グレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)』を踏査する日本初のプロジェクト『GHT Project(www.facebook.com/ghtproject)』を仲間と共に推進中。
 
現在は、トレイルカルチャーウェブマガジン「TRAILS」のライター・編集として活動している。著書に『ロングトレイルはじめました。』(誠文堂新光社)、『TRAIL ANGEL』(TRAILS)がある。