EBIS films / 10 years after: revisiting Greenland

2014/11/01


 

 

昨年11月に名古屋でも開催された、「NAMARAKUSE – X」メンバーによるグリーンランド遠征報告会。

つい最近の事のように思えますが、あれからもう一年が経つんですね・・・(汗)

そして本日、そのグリーンランド遠征を記録した待望の映像作品がEBIS filmsから発売されました!

 

写真 2014-11-01 13 36 01

 

EBIS films / 10 years after: revisiting Greenland

本体価格:¥3,200(税別)

収録時間:23分/DVD

※2003年の遠征を題材にした作品「presence: 40 days in Greenlnd」も同時収録。

 

遠征報告会キャラバンでは、メンバーが撮影編集した映像を見ながらの爆笑トークで盛り上がりましたが、報告会の最後に本作のショートバージョンが流れた途端、会場の空気が変わり、あの場に居た全員が一瞬で映像に引き込まれた事を覚えています。

本作は、EBIS filmsの作品らしい映像美と音楽に、遠征メンバーによる回想シーンも加えられ、上質なドキュメンタリー作品としてもご覧いただけると思います。

ド派手な海外作品も見ていて楽しいですが、僕はやはり関口さんの作品が一番好きです。

 

【EBIS films 公式ページより】

2013年春、10年ぶりにほぼ同じメンバーでグリーンランド西海岸Kangaamiut周辺を訪れました。
ガイドとして、あるいはプロスキーヤーとしてこの10年の間に様々な経験を積み、それぞれに成長した部分と、変わらない大事な部分を互いに確認しながら、前回同様に「できる限り人力で海を移動して、人力で登って、自分の足で滑る」ことを約40日間にわたって存分に楽しみました。
ヒマラヤなどの高所や極地への厳しい遠征とはまた違った、漕ぐこと、登ること、滑ること、そして同じ時間をすごすことを目的にしたたびの記録です。