500mlが待望の再入荷!Hydrapak / New Soft Flask

2014/09/01


 

トレイルランニングのパックメーカー各社から発売されているソフトフラスクを製造している「ハイドラパック社」。

日本だけでなく世界的にもサロモンが別注で作った500mlのソフトフラスクは大ヒットしています!

そして満を持して、ハイドラパックからも期待の新製品が登場しました!

 

写真 2014-05-28 17 04 36

Hydrapak / Soft Flask

ハイドラパック / ソフトフラスク

・SF350(350ml) / 本体価格:¥2,800

・SF500(500ml) / 本体価格:¥3,200

 

従来のソフトフラスクよりもひと回り太くなり、代わりに長さが短くなりました。

写真 2014-05-28 17 04 30

(左)SF350、(右)SF500

サロモン製のソフトフラスクでも人気の高い500mlに加え、350mlの新サイズも登場!

 

写真 2014-05-28 17 08 03

SF500と、サロモンのソフトフラスク500mlを比較。

サロモンには水が入っていない状態ではありますが、SF500は明らかに太くなっています。

そして長さの違いはご覧の通り。

長さが短くなった事で、これまで収まりが悪かったタイプのチェストポケットにもしっかりフィットしてくれます!

 

写真 2014-05-28 17 09 26

今シーズン人気の「Mountain Hard Wear / Fluid Race Vest」にもジャストフィット!

「ULTIMATE DIRECTION / Signature Series」もイイ感じにフィットしてくれます!

ただ、サロモンのS-LABアドバンスドスキン等は、チェストポケットが細く長い為、サロモンのソフトフラスクがベストです。

 

その他にも新しいSFシリーズの特徴をご紹介!

写真 2014-05-28 17 05 03

まず大きな変更点の一つが、底の部分が従来品より固い作りとなった事。

これにより、中身が少なくなった時もパックのポケットに入れやすく、またポケット内で安定するようになりました。

 

写真 2014-05-28 17 05 41

そして多くのソフトフラスクユーザーを悩ませていた(笑)漏れ対策として、待望の開閉ロックが搭載されました!

飲み口を捻るだけで「ON」⇔「OFF」切り替えが簡単に出来るので、口だけで簡単に操作可能です!

漏れの心配が軽減されれば、パックに入れて携行する事も出来そうですね!

 

写真 2014-05-30 23 02 03

ちなみに、中身が無くなった後は、従来通りコンパクトに収納可能です。

漏れの安全性に関してはこれからしばらくテストを重ねていきたいと思います!

 

写真 2014-05-28 17 06 21

また、ハンドボトルとして使用したり、走りながら給水する際にボトルを落とさないようにする為のストラップも付きました!

写真では指2本に通していますが、親指側に通す事も可能。

更に飲み口が汚れないように防塵カバーが付属したので、気付けば飲み口が砂だらけという心配も少なくなります(笑)

 

入荷したばかりでまだまだテストしきれていませんが、今のところ特に問題も感じず快適に使用出来ています!

重量は少し重たくなりましたが、それを補って余りある程の進化を感じますので、ソフトフラスクユーザーは必見!

是非、お試し下さい!